重作業の前に、、

納車されて1週間、ガレージに部品を持っていったり(一度では運べなかった)

最終エンジンハンガーの調整などでようやく作業を進める事出来るようなったが

重作業の前に製作しないといけない部品を紹介します。

S660乗りの方なら結構しれた情報で

モディファイ部品もいろんなショップ等から発売もされている

悪名高き、フィーリングダウン部品である、通称クラッチダンパー

クラッチダンパー


クラッチダンパー
クラッチダンパー

中身はご覧のように、プラスティック製のダンパーユニットを

コンベックス形状のメタルパーツで挟んだ部品である。

クラッチダンパーオリフィス機構

これが、以外と厄介で、ゆっくりリリースした時には何もしないが

シフトアップの際のスパッと繋ぎたい時など、オリフィスが通路を塞いで

単位辺りフルード通過量を制限する事により、半クラ状態を自動で行ってる機構なのである。

何の為?と考えると、シフトダウン時など、回転を合わせるのが出来ない

上手く合わせられないなど、主に運転する人のスキルを鑑みて

ミッションや駆動系にダメージを与えない為に装着されてると思うが

不要な人から見ると、自動クラッチ減らし機構だと言える。

これは速攻除去しなくては、百害あって一利無しである。

当然ながら、それまでのパーツ収集期間にクラッチホースとセットで販売される

この部分の部品は入手済みであるが

ここは、ひと手間せっかくなので、メタルパイプで作ってみた。

コンベックスタイプのフレアも作れるいつもお世話になってる

キノクニ販売のフレアツールを使います。

これが超絶簡単、ミス無くフレアを作れるので本当助かります。

そして出来上がりと比較が下

クラッチダンバーキャンセラー
クラッチダンバーキャンセラー

上からダンパー、キットのメッシュホース、自作バイパス

我ながら簡単且つ機能的に出来たと思うのだが。

そして、クラッチフルードを抜いて装着

クラッチダンバーキャンセラー

予備で作ったのはヤフオクに出品します。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)